生まれてくるその前に。妊娠中に気を付けたい飲み物

妊娠中の飲み物について

赤ちゃんには勿論軟水が適していますが、いつも以上に神経質になってしまう妊娠中の摂取する水についての考えたいもの。

あなた一人のカラダじゃない分いつも以上に食べ物や飲み物、運動など前以上に「これは赤ちゃんにとってどうなの?」と考えてしまうものですよね・・・

赤ちゃんと妊娠中であるあなたにとって一番良い選択を知る事が一番大切です。今妊娠中でない方も近い内に妊婦さんになる可能性はありますから!

人生なにが起こるか分かりませんからね(笑)

 

おむつ代・ベビー用品・今度の貯金、これからますます赤ちゃんの為の出費が想像以上にふえてきます。

赤ちゃん想いのウォーターサーバーも良いですが、値段に拘ったウォーターサーバー 安いサーバーマシーンも利用も合わせながら確認ください。

 

妊娠中に気を付けた方が良い物

カフェインが含まれている飲み物は摂取に注意!

これは良く聞く事だと思うのであなたも知っているかと思いますが、【なぜカフェイン飲料はダメか知っていますか?】

それは繋がっている赤ちゃんの肝機能がまだ発達どころか完全に無防備な為、カフェインを分解しにくいからです。100%飲んだらダメ!ってわけではなく【海外では一日200mg程度までなら大丈夫】と上限があります。

それに比較して日本国内ではしっかりとした妊娠中のカフェイン上限数は決まっていませんが、一日100mg程度まで抑えておいた方が賢明でしょうね。

ですが、【カフェイン接種は一日100mgまで】と考えていてもどの飲み物がどのくらいカフェインが含まれているのか分からない事が多いと思います。

 

同じ商品でも多少前後しますが、平均的にこれくらいですので参考程度にご覧ください(^^♪
代表的な商品名
150mgあたりの量
コーヒー
60mg程度
カフェオレ
30mg程度
緑茶
20mg程度
麦茶
含まれていない。

ちなみにコーヒーはコーヒーでも市販されているいわゆる【缶コーヒー】には予想以上のカフェインが含まれている事が多いので注意してください。

 

たぶんカフェイン量コーヒー市場ナンバーワンだと思われる【ボス・ドライブショット】は脅威の166mg。

ドライブの眠気覚まし用としてのコーヒーで商品名ですぐ危険コーヒーである事が分かると思うので好んで飲まないと思いますが(笑)このように思っている以上にカフェインは含まれています。

少量のカフェインは問題ないですが、出来るだけコーヒーを飲むのなら【ノンカフェイン】をのみたいものです。